Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症:術後2ヶ月〜振り返ってみて〜

f:id:Itsmimi87:20161129225035j:plain

術後から2ヶ月。一番辛い期間を乗り越えて、思ったことを書いてみようと思います。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

ここで術後から2ヶ月(もう少しで3ヶ月ですが)経って、思ったことなんかを書いてみようかなって思います。まだまだ、シェアしたい内容はあるんですが、忘れないうちに、そして気持ちも落ち着いてきたので、いいタイミングかな〜と。(あくまで自己満)

手術をしてみて

手術する前は不安と期待でいっぱいでした。

矯正も順調に進んで、むしろ自分の想像以上に特に問題なくてびっくり。痛みとか、ご飯タイムとか歯磨きとかむちゃくちゃ大変だって、他のブログで見て覚悟していたから、呆気にとられました。まぁ強いて言うなら、抜歯の時がすごく痛かったことですかね(笑)

手術も自分が想像している以上なことは無いんじゃないかなって、矯正と同じくらいに思っていました。楽勝楽勝っ!余裕だ〜て。

だから、手術した後がこんなにも地獄なほど大変だなんて想像もしてなかったと言うか、予想を遥かに超えてきてしまって...

そのおかげでちゃんと心の準備ができていなかったプラス、手術前に心が不安定になっていたのもあって、見事に心身ともに病んでしまいました。

手術自体は、鼻の変形で鼻づまりに悩んでいる以外、問題点は無くて手術は成功したし、今では食べ物を噛むこともできるようになって、唇が特に力を入れなくても閉じられるようになりました。食べ物を綺麗に噛み切れるしね。

入院中も自宅療養中も地獄のような日々でした。絶対戻りたくないって思う。

正直、まだ顔も腫れていて、鼻の変形とかで顔のパーツもあまり良くないままなので、今の段階で手術をして良かったって、心の底から喜べる状況ではありません。

きっとプレート除去をして完全に完了したときに、心の底から思えて同じような人の背中を押せるくらいの、気持ちになれたらいいなって思います。

一つ言うなら、術後3日間くらいはかなり地獄なので、覚悟しておいたほうがいいです!

楽しみなこともいっぱい

上記で書いたみたいに、やってよかったとは今は思えなくても、楽しみなことはいっぱいあるし、期待しています。

口元のメイクは楽しみにしていて、メイクするのが好きな自分でも、今まではあまり口元に重点を置いていないと言うか、あまり目立たせたくなかったと言うのもあって、基本、仕事の時とかは、マスクのすっぴんで過ごしていました。なので、これからはメイクする回数が増えて、口紅とかグロスなんか、たくさん欲しいなって思っています!

そして、ブラケットオフも楽しみの一つ。

大山場だった手術が終わったことで、あとは数える程でブラケットをオフして、リテナーの期間に入ります。これが取れると思うとかなり見た目が変わるしかなり楽しみ。ホワイトニング早くしたい!

このまま順調に行って、春ころには取り外せていればいいなって切に願っています。

(東京に遊びに行きたいし)

来年の手術も

今回の手術で、大変なことがいっぱいあって、全身麻酔の後の気だるさと言うか、思うように動けない、あの感じをまた味わらないといけないと思うと、ちょっと不安でいっぱいです。

全身麻酔って命に関わらない訳じゃないし、次、目を覚ますかはわからないですから。やっぱり簡単な短時間の手術でも、何があるかわからないから心配です。

そして、また今回の手術の時のように、精神的に落ち込んでしまったら、嫌だなってやっぱり思います。

落ち込むのもしんどいし、回復させるのもしんどいから。でも、まだまだあと1年くらいあるし、今から不安になっても仕方ない!前向きに頑張りたいです。

社会に戻るのがどれだけ大変か

術後の体力の回復も大変だったし、不便な部分を補うのも大変で、喋るのも大変、ご飯を食べるのも大変、普通の生活を送ること、起きているだけでも疲れてしまう。

退院からがどれだけ大変なのかを、今回思い知ることになりました。同じような退院した人や何か障害がある人とかには、本当に、優しくしようって思いました。 

入院しているときにも同室のお姉さんに、"社会に戻るのが本当に大変だから"って言われて、それに"入院したことがない人には、わからない大変さだから"ってことも言われました。

その通りだなって自分がその立場になって深く思いました。

これは体験してみないとわからないし、こちらから説明するのも面倒。見てわかるものだったら皆が、気を使ってくれるけど、見た目が術前と変わらないと、術前のように扱われて、たくさん大変な思いをしてしまうわけです。

体力も戻って食べるものもある程度、選べば食べれるようになると、社会には戻りやすいです。でもそれ以前だと、かなり不便を強いられます。

私のように、3ヶ月も休職するってことも、あり得るわけです。理解がある人に支えられるのがキーになります。

自分との戦い

 精神面とか色んなことを、ここ1,2ヶ月の間書いてきていますが、皆が皆こうなるわけじゃ決してありません。

結局のところ、私があまりにも弱かったからかなっと思ったり。まだまだ私は弱いんだなって改めて感じました。たくさん理由を挙げたら、キリがないほど出てくるけど、そう言う時もあるわけです。

でも、今はだいぶ体も心も回復して、また壁にぶち当たろうとしてるわけで。人生は壁の連続ね。(話が相談になった)

リハビリにしても、入院生活にしても、今まで送っていたように戻るにも、自分との戦い。自分と対峙した分だけ、回復するんだなって思いました。まだ完全復活じゃないんで、まだまだ私は、頑張らないといけないようです。

ざっと振り返って

f:id:Itsmimi87:20170627220132g:plain

色んなことがあって、毎日が地獄で辛い日々が続きました。

何にも意欲がなくて、どうにも力が入らない。でも、あっという間に退院して、あっという間に少しだけ以前のような生活を、送れるくらいまで回復しました。2ヶ月前よりは、確実に良くなっています。

来月からは3ヶ月の療養期間が終わって、仕事に復帰します。

正直、不安と緊張ともう行きたくないって言う気持ちが、入り混じってます。でもコンサートとか旅行とか、お買い物とかたくさんしたいから、働かないといけないし。

まだまだ、通院もあって、来年はまた手術と入院をするわけだし、前に進まないといけない。

自分に鞭を打って、頑張っていきたいと思います。