Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症:術後2ヶ月〜リハビリ編〜

f:id:Itsmimi87:20161128203817j:plain

今回は、自己流のリハビリ方法や感想を、簡単にですがシェアしたいと思います。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

夜中に右の顎の筋が伸びてしまったのか、今もなお痛みに襲われています…。

さて、術後に待っているのはリハビリの毎日です。サボればサボるほど、術前の生活に戻るのが遅くなりますので、怠けずできるだけ毎日したいところです。

いつもであれば時系列で書いてますが、今回は箇所ごとで書いて行きます。

主なリハビリ内容

箇所ごとに書く前に、ざっとどのようなことをしていたのか箇条書きでメモしておきます。

お風呂に入っているときや上がった後など、体が温まっているときにやっていました。

  • ウィンク(片眼ずつ)
  • 顔のパーツを真ん中に集める
  • 大きな口でアイウエオ
  • 口を指で広げる
  • 頬のマッサージ
  • リンパマッサージ
  • 鼻の下を伸ばす
  • 口を突き出す(すぼめる)
  • 綿棒で硬直している箇所をコロコロ転がして刺激
  • 舌を下に出したり上に出したり
  • 頬を膨らませる(片方ずつ膨らませたりも)
  • 思いっきり笑顔になる
  • 口角を上げたり下げたり
  • 顎開ける練習

顔全体

私の場合、頬全体も麻痺があって特に右の麻痺が強めでした。

ニコって笑った時の口角の上がりが、明らかに右のほうが下がっていて、誰が見てもわかるほどでした。そのため、笑ったりした時に固まっている表情筋を使うとかなりの激痛がありました。

面白くて笑うのに、痛くて笑えないって言う自分が、面白くなって笑っちゃうみたいな地獄な状況が何度かありました(笑)

自己流のリハビリとして、よく喋り、よく笑うのは必須。

他にはリンパマッサージや頬のマッサージ。

口の両端を指で引っ張って、上下左右斜めに動かしてみたりと、筋肉の硬直を少しでも動かすようにしました。そのおかげで今では笑っても痛くないし、口角も左右に違いがあまりないくらいまで、回復しました。

でも、まだ頬を軽く叩くとパンパンで、腫れているのがわかります。表情筋は日常生活に戻って、食べ物を食べたり喋ったりすることでかなり回復します。手術後もできるだけ動かしていれば、そんな心配ないのかもしれません。

鼻から鼻下

私の鼻の下の縫った部分が腫れてることもあって、かなり引っ張られていました。

右側は、特に縫い目が多いので、最初は全然唇が閉じないくらい。左はご飯を食べる際によくシリンジを指していたので、吸う動きをしていたのもあって唇が閉じられていました。

このことから刺激を与えていれば、麻痺は取れるんだなと考えて、綿棒で鼻の下をコロコロ転がして、刺激を与えていました。結構これが痛いんです!でも、1週間くらいでかなり口が閉じられるくらい筋肉が戻りました。

右側の鼻の下って言いましたが、小鼻も同様に突っ張りと筋肉の硬直で、痛みがありました。

小鼻を触るだけでもわかるくらい、左は柔らかいのに右は硬いって感じ。だから、手だったり綿棒でマッサージしたりして、柔らかくなるようにしていました。

今では、かなり柔らかくはなってるけど、まだまだ痛いです。

私は、唇周りの動きがかなり悪くて、突っ張っている状況です。

唇をすぼめることがまずできない。そのため、唇周りを綿棒でコロコロと転がしながら、刺激を与えたり、"アイウエオ"と口角を上げながら、発声練習のように口を動かしたり。

他には頬を膨らませたり、口笛を吹く練習やマッサージしたりと、特にお風呂上がりにやっていました。

この口笛吹くのがかなり唇の筋肉が、悲鳴をあげるんですよ。めちゃくちゃ痛いの。

今は口をすぼめても、痛くはないレベルにはなりました。でも、昔みたいにあまり綺麗なチューの口じゃないので、まだまだ練習中です。

口や顎

開口練習の方法は、大学病院の先生や矯正歯科の先生が教えてくれます。が、私の場合はざっくりとしか教えてもらってないので、自分の方法が正しいのかはわかりません。

先生の教えでは人差し指と親指をVの字(韓国の指ハートみたいな感じ)にして、顎を開けていくと言う方法。

最初は、それでもできるんだけど、大きく口が開くようになってしまうと、指が短いと届かなくなってしまうので、私は人差し指から薬指の3本を使って(両手で6本)口を開ける練習をします。

少し痛みを感じるくらいまで開けて10秒キープ。そのあとは、ゆっくりと口を閉じます。それを繰り返す。できれば顎が温まっている、お風呂の時間にやるととっても効果があるようです。

ちょっとずつ負荷を与えて、顎の筋肉を伸ばして動かすようにして行きます。

ちなみに、術後はカチカチ運動というものをするように促されます。これは暇があれば1日中ひたすら、カチカチする運動で、噛み合わせをこれで覚えさせるみたいです。

2ヶ月を振り返って

今のところ、だいぶ色んな筋肉が戻りました。日常生活の中では、特に困らないくらい。

痛みもほとんどありません。

毎日ちゃんとリハビリをしていれば、2ヶ月の間にかなり術前のように戻ることができます。

なので、2ヶ月経った今では、開口練習くらいしかしていません。術後、ある程度動けるようになったら、入院の時からよく動かしておけば、退院後のリハビリする回数も減ると思います。

そして、お風呂に入るって言うのはかなり大事です。お風呂に入って温まっているときにやるとかなり、前日と次の日の動きや痛みが違います。

確かに初めはかなり痛いです。でも、そのとき少しでも頑張れば、次の日にはかなり良くなっているし、痛みも無くなっているので、頑張ってみてください!

頑張った分だけ、ご飯を食べれたり歯を磨けたりと、より早く日常生活にも戻れるようになれます!

私もまだまだリハビリ途中なので、頑張ります!