Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

口内炎が出来る前にビタミンCを取ろう!

f:id:Itsmimi87:20170514202237j:plain

矯正器具をつけていると、できやすくなる口内炎

できそうになる前に、予防と対策が大事だと思います!


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

先月、久しぶりに口内炎ができました。

しかも、結構な痛みを伴う口内炎になってしまい…(泣)場所は、下唇の裏のブラケットがぶつかる位置というか、引っかかる位置にヤツはできたんです。だから、化膿してくるとますます引っかかるたびに痛いというか、当たるたびにもう辛かったです。

半年ぶりくらいの口内炎

もしかしたら、手術後初めての口内炎な気がします!

手術前は何度か口内炎ができていたけど、カラオケに行ったり口をよく動かしたときには、擦れる回数が多い分、それで口内炎になっていた感じです。

手術してからあまり口も動かせない分、口内炎ができづらい環境であったんですけど、ブラケットに挟まった食べ物を取るときとかに、ちょっと引っかけてしまったら、すぐに口内炎になってしまいました。

しかもこの時、寝不足がたたって体調を崩し始めていて、頭は痛いわ、鼻血は止まらないわで、口内炎はみるみる成長し痛みもピークに達したのです。

とりあえず、鋭利なブラケットと口内炎の摩擦を少しでも優しくするために、ワックスを塗ったら、かなり摩擦がないだけ楽にはなりました。

でも、喋っても引っかかるし、ご飯食べる時なんて地獄すぎて、泣きそうになりながら食べることが多く…結局、痛いから食欲も減退して、ますます体調を崩すっていう悪循環に。久しぶりにできた口内炎の痛みに耐えきれず、仕事の休憩中に薬局へ行って口内炎パッチを買いました。

別タイプの口内炎パッチ

以前に、何回かお世話になっていた口内炎パッチ。

今回も少しでも口内炎の痛みを抑えて、なおかつ治りを早くしたいと思って、藁をもすがる思いで買いに行きました。

前回は、このタイプを購入して使用していました。

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

【第3類医薬品】口内炎パッチ大正A 10パッチ

 

今回もこれを買いに行ったんですけど、パッケージの色や書いてある文句が違ったので、何が違うのかと思ったらステロイド成分が「入っているか・入っていないか」でした。

自分の今の口内炎の状況から「痛みがかなりある」「炎症がひどい」ってことから、ステロイド成分を含む口内炎パッチを選んで買ってみることに。それがこれ。

ちなみにステロイドの効能は「抗炎症作用」と「免疫抑制作用」です。痛み止めにもステロイドは用いられたりしてますよね〜。

ステロイド成分配合の口内炎パッチ

購入してすぐに使用してみたんですけど、ステロイドが含まれてるせいか、付けた初っ端はなんかすんごく沁みて「あー」って声にならない声で、トイレで一人悶えてました。

でもそのあと、仮眠をとって仕事に戻ると、かなり痛みがマシになってました!

やっぱりステロイドは、炎症を抑えてくれるから、痛みが少し和らいで効果があったみたいです。

これでワックスもいらないかなとか思ったものの、やっぱりブラケットに引っかかるので、喋れないし何も食べれない。しかも、引っかかってパッチが取れちゃうんですよね。だからやっぱりワックスは外しませんでした。。

さて、ここで終わりというわけではなくて、この時あと3日、4日でこの口内炎を少しでもよくして、ご飯を食べれるくらいまで、炎症を抑えておきたいと思ったんです。

ってことで、口内炎をできる仕組みや治すために、必要なものを勉強することにしました。

アドレナリンにはビタミンC

この時、口内炎のために勉強したっていうのは後付けで、実は鼻血が止まらなくて早退した日に、初めてのことすぎて寝不足と鼻血は関係があるのかを、調べるために勉強したのがきっかけです。

不安や恐怖など、ストレスを人間は感じると抗ストレスホルモンである、アドレナリンを放出させます。そこでアドレナリンに大量に必要になるのが「ビタミンC」です。

人間はストレスを感じると、血流量が増え、脈拍や血糖値を上げてストレスに対抗しています。
これらは副腎からアドレナリンが分泌されている為におこります。
副腎では、体内で最も大量のビタミンCを蓄えており、ストレスを受けるとこのビタミンCを使って抗ストレスホルモンである、アドレナリンを生成しているのです。
しかし、ビタミンCが不足すると、アドレナリンの生成量も不足してしまい、ストレスに対抗できなくなってしまいます。
ストレスに負けない体作りのためにも、ビタミンCは欠かせません。

参照元:ビタミン生活情報web

ビタミンCが足りなくなると、ビタミンCの能力も衰えるわけです。

ビタミンCにはたくさんの能力があるんですけど、口内炎のような炎症の部分に焦点を当てると、免疫力に効きます。

免疫力といえば、白血球だと思うんですけど、白血球にもビタミンCは役割を持っています。ビタミンC不足になると、白血球の働きも弱くなり免疫力が落ちるんですね。

免疫力を上げるためにビタミンCを補給

仕事の日もオフの日も忙しくて、初めてのフェスも控えていて準備に追われたり、仕事も連勤続きで休みもなくて、寝不足が続きストレスも抱えていたので、上記の通りなら私はかなりビタミンCが不足し始めていたと。

寝不足で腹痛から頭痛が止まらなくて、鼻を軽く噛むだけで、すぐに鼻血が出て止まらなくなる。自律神経が乱れていると、血管がもろくなって鼻血が簡単に出るようになるんだとか。自律神経は、すぐに乱れるタイプで一時期、病院にかかってたくらいです。

こんな感じで勉強してから、一刻も早く口内炎をよくするために、100%のオレンジジュースを飲むんでみることに。3日くらいコップ2、3杯飲み続けていたら、気のせいかもしれないし、パッチのおかげかもしれないけど、みるみる傷口が良くなりました!

オレンジジュースの効果

ここでついでに、オレンジジュースの効果もシェアしておきます!

実は、100%のオレンジジュースには、たくさんの栄養素が含まれています。なんと14種類も!ビタミン、ミネラルに食物繊維も含まれていて、美容や健康に欠かせない要素がいっぱいです。

しかも、飲むことによる効果も素晴らしいのです。

こんなに、いっぱいありますよね!

美容や健康にもいいんですけど、精神的な部分でも作用があるみたいで、オレンジジュースを飲むことで、落ち着かせてくれるわけです。アロマと似ているかも?

たくさんの効果があるからって、飲みすぎは良く無く気をつけないといけないみたいです。

砂糖が多かったり、お腹がゆるくなってしまったり、シミなどにもなりやすかったりと、ビタミンCの取りすぎには注意です。適度に飲みましょう!

小学生とか小さい頃は、オレンジジュースが好きで、おやつの時間とかマクドナルドに行ったら、オレンジジュースをよく飲んでました。だからかなのか、その時はお肌も綺麗だったし、風邪もひきにくくて、治癒力も半端なかったです。今でも、ご飯食べにいけば頼みますけどね!

もちろん、オレンジジュースだけじゃなくて、ビタミンレモンも風邪予防にもなるし、美容にも、健康にもいいみたいなんで、オススメです!

口内炎に一番効く昔ながらのものは…

ちなみに、口内炎には昔からこれがよく効くって言われているものがあります。

それは「はちみつ」です。

ハチミツには殺菌作用や抗酸化作用があって、風邪予防や美容、傷口の炎症を抑えたりする働きもあるんだとか。

それをいつかの口内炎ができたときに、教えてもらいハチミツの飴をもらったことがありました。

そのときに、傷口にハチミツを当てたら、思わず声が出そうになるくらい(仕事中だったんで我慢)、涙流すくらい、尋常じゃないくらい激痛に襲われました。

でも、それを我慢しつつ何日か舐め続けていたら、やっぱりその時も治りが早かったです。

余談ですけど、ハチミツ100%の飴って数少ない割に値段お高めですよね…美味しいんだけど。

扇雀飴  はちみつ100%のキャンデー  57g×6袋

扇雀飴 はちみつ100%のキャンデー 57g×6袋

 

口内炎以外にも美容健康にいいので、よかったら舐めてみてはいかがでしょう?

そして、口内炎ができたときや、できないように予防として、今回紹介した自分に合うものを試してみてはいかがでしょうか?

他にも、早く治す方法や効くものなどいいものがあれば是非教えてください!