Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

プレート除去(術後):通院1回目〜抜糸〜

f:id:Itsmimi87:20171020225337j:plain

退院後1回目の通院です。今回は抜糸を行います。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

2週間のお休みが開けて、先日から職場復帰しました!

疲れやすいのはまだ若干あるし、目が疲れるけど以前と同様にお仕事ができています。

最近、理不尽に怒られること多くない?

退院してから4日後、体調的に頑張れるか少し心配だったものの4日後でも、だいぶ回復しつつあって入院当初よりも元気に行動することができるようになっていました。

この日は何を思ったのか、40分以上早く来てしまい給料日ということもあったので、お金をおろして、大好きなオレンジブレッドの状況を確認しにいき…結局この日も買うことできず。

悲しみに暮れながら携帯ゲームで時間を潰していました。近くに老夫婦の会話が面白くて、おじいちゃんは毎日、自分で血圧を測っているのに把握してなくて、おばあちゃんに叱られてました。会話でツッコミどころがありすぎて、一人ゲームしながらクスクス笑ってました。

11時前くらいになったら、口腔外科の病棟へ行くことに。いつも通りに受診カードを受け付けボックスに入れようとしたら、受付のお姉さんに軽く怒られました。

そんな鬼のような顔して怒らなくても…何やら受診カードを入れるのをやめて、予約票もしくは受付の紙に受診カードの番号などを記載して、受付ボックスに入れるようになったそうです。初耳なのに、めっちゃ怒られた…予約票を持っていない私は記載して受付を済ませます。

抜糸という名の拷問

待っていると、2番から入ってくれとアナウンスされて、2番から入ったのに先生がいたのは1番で。そこから出直しを食らわされ無駄な運動をさせられました(泣)

マスクとかとって診察台に座ると、顔を見て第一声に顔がまだ腫れていることを言われました。そりゃ術後1週間でも傷口開いた私は、すぐには腫れは治りませんて。

それからいよいよ抜糸です。痛いとは聞いてましたけど、前回もやったしその時はそこまで痛くなかったから、余裕をかましていたんですけど、あの時の私を殴りたいですね。

そして気休めでも痛み止め飲んでくるべきでした。

なぜなら死ぬほど痛かった

f:id:Itsmimi87:20171020230107g:plain
もう、手足は震えて脂汗が大量に吹き出して、自然と涙がたらーっと流れ出す具合です。もうそれは一種の拷問。まさしくホラー映画。

左はかなり炎症が引いていて、きれいに治って来ているようなんですけど、やっぱり右は治りが悪いからか、抜糸も左より断然痛かった…そして何より前歯の上唇の裏の部分の抜糸が、死ぬほど痛くて。。

器具で助手の先生が上唇を抑えてるんだけど、まず突っ張ってるから上を向かせるのも、若干痛いわけ。これは前回も同様なんだけど、ベロンて唇が戻らないようにって結構な力で押さえつけて来て、頬の筋肉も痛いし何より歯茎に器具がゴリゴリ押されて、泣くほど痛かった。

マジで泣いたからこれ。しかも痛みに強い方の私でも、唸ってました。後、1分続いてたら助手の先生を殴りかかってたと思います。(本気)

口をゆすいだ後にティッシュで口を拭いたら血が!!これどこから来た血なのか謎だったけど、とりあえず私、流血したみたいです。それから右は炎症が続いているということで、私が嫌いな抗生物質をトドメってことで1週間処方されました。

前回と今回を比較したのが間違いだった

拷問…違う、抜糸が終わり1ヶ月後に通院ってなんたんですが、担当の先生が出張で来月はいないってことで、2週間後に通院になりました。1ヶ月と2週間後じゃスパン違うけどいいんですかね?(笑)

痛みに震えながら診察室を出て、請求書を渡された際に今回の通院分と入院費の請求がされました。前回は結構、時間がかかった割に、今回の請求は早いことできたみたいですね。

手術後からずっと唇の皮が硬くなって、ガッサガサで剥がれて血だらけで最悪。

そして、前回は大して痛くなかった抜糸が、こんなに痛いのか…考えてみれば前回は口の中が麻痺しっぱなしで、退院しても当分は魚の骨が刺さっても、気づかないくらい麻痺してたから、耐えられたのかと思いますね。

今回は特別麻痺はないし、前回の麻痺も落ち着いているからこんなことに。。腕やら足なら皮が硬いし、痛みに鈍感な方だけど、口って粘膜だし痛みに敏感だから無事死亡案件でした。

治療費と入院費

今回の通院の治療費は保険適用で、310円。薬代が580円でした。

そして、今回のプレート除去手術での入院代は、限度額適用認定証を申請していたので、適用されての額かは確認していませんが、62,280円でした。

入院期間が短すぎたので、あまり認定証のお得感は得られていないような。長く入院していた前回と、1万しか変わらないですからね。前の方がかなり金額を抑えられている気がします。

お薬屋さんに通院の後行ったんですが、初めてですよ。薬屋さんで1時間待ちとは。タイミングが悪いとこんなことになっちゃうんですね。その後に予約があったので、間に合うかちょっとヒヤヒヤしましたけど、テレビ見ながら気長に待っていました。

全てが終わった後は、まつげ屋さんと少しゆっくりお買い物などをして帰宅しました。

抜糸をしてからはご飯が食べやすくなって、口も開きやすくなり歯磨きもしやすくなりました。でも、手術の時に無理に顎を開かされたのかわからないのですが、口を開けると確実に顎関節症がひどくなっているように感じます。痛いです。

次回の通院の時に痛いことを伝えようと思っています。今回の抜糸は完全に糸を取り除いているわけではないのですが、吸収されたり出て来たりするんだとか。その恩恵を受けていて、ご飯を食べた後とかに、結構長い糸が口から出て来ています。私は気がついたら出していますが、食べてしまっても大丈夫らしいです!