Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症:退院後9回目の通院と入院前検査

f:id:Itsmimi87:20170915223518j:plain

退院後、9回目の通院と入院前の検査を受けていきました。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

9月に入って手術予定日から1ヶ月前となったので、大学病院へ行って通院と併せて入院前の検査を行って来たので、シェアしたいと思います!

検査、検査、検査

いつもは10時とか11時に予約をしてるけど、この日は検査がいっぱい入ってることもあって、13時からと遅めの予約でゆっくりと病院へ向かいました。

やっぱり午前中に来ると外来の人が多いので混んでるけど、午後は逆に入院患者の人の検査だったりでかなり空いてます。

ただ遅く来るといつも買ってるオレンジブレッドは買えないけどね(泣)

まず口腔外科に行って、受付を済ませてテレビを見ながら待っていると間も無くして、早速呼ばれました。午前だと30分くらい待つことが多いけど、空いてるだけあって午後は呼ばれるのも早いような気がします。

いつもの先生が今日の予定を話してくれて、検査表みたいな紙を5枚くらいもらって送り出されました。この日はあっちへ行ったりこっちへ行ったりです。

2回目以上の検査なので、場所も把握していて慣れてはいますけどね。意外と大変です。放射線室とか何回行ったことか。人生でこう何度も行くことないのでは?(笑)

血液検査と尿検査

最初に行ったのは、血液検査。13時からの予約だけど水以外は摂取してなかったので、早めに採血してもらおうかなと。機械にカードを刺すだけで整理券と尿検査用のコップが出て来るとか前回も思ったけど、ハイテクですよね!

最初に尿検査に行くべきなのかウロウロとして見たんですけど、待合室に誰も待ってないから早く呼ばれちゃうんだろうなって思って、大人しく椅子に座っていたらすぐに自分の番号が呼ばれました。

今回の担当の看護師さんは、見た目がもう完璧に"ベテラン"って感じで、少しお年も召してる感じの方でした。先月、健康診断で左腕で採血してもらったから、今回は右手を捧げます。

先月は3本、今月は5本。もうね、この1年どれだけ血を抜かれたことか。

そしてこれからも抜かれる今年。人生でこんなにも血を抜かれることある?

ベルトを締められて消毒され、いよいよ刺されるって時に看護師さんから、「痛いですよー」って。いつもは「ちょっとチクってしますよー」なのに、この日は「痛いですよ」って言われて、一瞬にして「え、痛い系?」ってパニック&構える。

だけど、刺さったのはわかるけど今までの人生の中でこんなにも痛くないことないくらい、痛くなかった採血でした!!!すごい!!!

f:id:Itsmimi87:20170915223934g:plain

かなり上手な看護師さんなのか、正直に「痛い」と言ってくれたことによる構えが想像を超えなかったからなのか。プラシーボ効果

絆創膏を剥がした時もちょっぴりしか血がついていなくて、へたっぴな人ほど絆創膏が血だらけだったりするので、止血まですごい!

でも、その夜と次の日まではちょっと腕が筋肉痛みたいに痛かったですけど()そして採血された直後は5本も抜かれてるからか、右手が指先まで紫色になってました。怖い。

次に行ったのは、尿検査で正直出るのか心配だったけど、水飲んで来たし朝しかトイレ行ってないから大丈夫ろうって言い聞かせてトイレに行きどうにか採取できました。尿検査あるなんて聞いてなかったから、もう心配でしたよ(笑)

時間の有効活用

そして次に向かったのは心電図と肺活量検査へ。受付を済ませたもののかなり混んでいるらしく長いこと待つからってことで別の検査へ誘導されました。

私は他にも検査を受けたりなんだりしないといけないところがたくさんあったし、16時には戻らないといけなかったので時間の有効活用ということで、レントゲンのある放射線室へ行きました。

ここはガラガラに空いていたので、受付後は座る暇もなく呼ばれていつもの通り顎周りのレントゲンを色々と撮影しました。矯正歯科でも撮って口腔外科でも撮って。あと何回顎のレントゲン撮るですかね。。

すぐに終わって次は胸のレントゲンを撮りに。これは健康診断で先月撮影したなーって思いながら大学病院でも入院の際に問題ないかの検査で撮影します。お姉さんがテキパキすぎて秒で撮影は終わり。

レントゲン撮影が終わって、終わったよーって言いに行ったら、まだ!と言われ。。CTスキャンしか残りはないし、それも17時からでまだ行く時間ではないし。。採血も終わったんだったらご飯食べて来たらと言われて、食堂にご飯食べに行きました。

アンラッキー

大学病院の食堂は、こんなにも来ているのに実は初めてだったりします。いつも入ろうかなって思っても混んでたり、別の用事が既に入ってて帰らなきゃいけなかったり、入院中も流動食生活で食べれるはずもなく。この時はお昼時も過ぎて空いていたので、入って見ました。

いろんなメニューが並んでたけど、このあと口の中見られるかもしれないし、歯に詰まりにくいものにしようとか色々と考え。歯ブラシ持って来てればね、なんでも食べれたけど、あいにく忘れまして…

肉そばにしようと心のに決めた時、食券売り場で待っていると横に「日替わりパスタ」が!この日はミートソース!しばらく食べてないしミートソーススパゲッティー好きだし、やっぱりこれにしようってことでポチっと。

食券を渡して、テレビを見ながら待っていると届けてくれました。私のミートソース♡

久しぶりに食べたけど普通に美味しかった。まぐろ漬けとかも食べて見たかったなーなんて横の人のメニューを見ながらすするスパゲッティー。食べた後にお水を持って来てゆっくりしていたらテーブルに日替わりメニューの紙が置いてあって見てみると、1週間の"タニタ風"日替わり定食が。

今日はなんだったんだろうってその日の日付のメニューを見たら、なんと大好物の「麻婆豆腐」だった!これはね、一気に気持ちが急降下。情緒不安定すぎる(笑)

大好物な麻婆豆腐の定食を私はなぜ選ばなかったのか…悔しい、悔しすぎるよ。

f:id:Itsmimi87:20170915224349g:plain

一生懸命、私は「しゃーなしよ。食べたあとだし、今日食べれなくてもね、ミートソースも久しぶりに食べられたんだからいいじゃない」ってポジティブな方向へ持って行こうとしたけど、根にもっちゃいましたね…麻婆豆腐食べたかったです。。

今日はついてない日なんだなーってこの時に思ったのでした。(ライブのチケットも外れたし)

肺活量検査は苦手です

麻婆豆腐を食べれなかった悲しい気持ちをお土産に、戻ることに。待ってる人は立ってる人がいるくらいです。私も角で壁にもたれながら待っていると10分もしないくらいで呼ばれました。

最初は肺活量検査。地元の内科ではいい結果を残せていたけど、大学病院の肺活量検査はなんでか難しいです。なんか「見本の形に息を吹いてほしい」とか難しいことを求めてくるわけですよ。無理ゲーすぎるのですこれが。

去年は夜勤明けのお腹ペコペコの状態でもうヘトヘトになりながら、息を吹いては惨敗でした。看護師のお姉さんが諦めてくれたから検査終わったけどさって感じ。今回は夜勤じゃないからヘトヘトじゃないし、さっきご飯食べたから少しはマシにできるはずって思ったけど、むしろお腹いっぱいすぎて苦しかったです。※ただのアホ

結局去年よりは上手く行ったけど、なぜか看護師さんに怒られながら検査は終了しました。私にも事情があるんだよーって心の中で叫んでたのは秘密。

そのあとは心電図を撮って終了しました。肺活量検査の後で若干息切れしてたけど、大丈夫かしらとか思ったけど、まぁなんともなかったみたいで良かったです。

顎変形症から顎関節症疑惑

全ての検査を終えて、口腔外科に戻って待っていると、麻酔科の先生に呼ばれ前回同様に全身麻酔についての説明を受けました。2回目なので説明は簡略化されていましたが、何より麻酔の先生のお肌が綺麗だった。

むしろアレルギーがはっきりしたことで、そこだけが若干怖い点だねとは言われました。それに前回も顔の腫れが人より長引いていたり、鼻の件もあるので心配な部分も伝えておきましたが、今回は鼻からチューブを入れるのではなく口からの挿管になるってことで、鼻よりも喉の腫れで痛みが出たりするかもしれないってことでした。

前回も鼻から喉へチューブを入れていたので、炎症が出て飲むヨーグルトとかしみにしみて痛かったのを思い出しました。声も出にくくなる場合があるらしいので、もっとハスキーな感じになったらどうしましょうかね。。

麻酔の先生とのお話が終わった後は、先生と執刀医の先生にも診てもらい経過は良好だそうです。でもここ1ヶ月は前までは音だけだったのに音はなくなったものの大きな口を開けたり咀嚼を繰り返していると左の顎に激痛が走って、少しの間咀嚼ができないことを伝えました。

どうやら顎関節症の疑いがあるみたいですね。顎変形症を治した次は顎関節症です。

でもこの手術をして特に下顎を動かしている人は顎関節症にもなりやすいみたいです。今は初期段階だろうし経過観察ということで、極力大きな口を開けたりしないのと、歯を食いしばらないようにと言われました。

知らない間に食いしばっているのかもしれないですね。どっかでデスクワークをしている人は、歯をくいしばる癖があるって聞きました。デスクワークの私としては仕事中は食いしばっているのかも…

この後は、口の中の写真撮影をしました。1年前に看護師さんの唇を抑える器具の扱いが下手すぎて、激痛に苦しみ次の日は歯茎が腫れた思い出があって、今にも帰りたくなったけど、今回は別の看護師さんだったこともあって痛みを感じずにすぐに終わりました!

そして、正面と横の写真も撮影をし、受診は終わりました。

まだ終わらず

受診は終わったものの、入院の説明を別途看護師さんからしてもらいます。

前回は入院の時にもらった紙を今回は前もってもらいました。入院の時にもらった時は、慌ててT字帯を買いに行ったのを思い出しました。前回は、無駄に2個も買わされたので、その残りの1個を使えるので、今回は買わないで済みますけどね!

説明をさらっとされて、最後の検査であるCT検査が残っていたのでカードを持ってまた放射線室へ。私が行って待っていると続々と入院患者さんが。少し待ちましたが、テレビを見て時間を潰します。

呼ばれてからは機械に寝てスキャンされる間ひたすら待つだけ。MRIとは違って閉塞感はないけど、閉所恐怖症の日はCTも苦手だったりするのかしらと、毎度考えることを思っているとあっという間に終わりました。

そして、また口腔外科へ戻りお会計をお願いします。この日は何度いろんなところを往復して、何度口腔外科へ来たのやら…。疲れました。18時前になれば人も少なく精算が済み精算機もガラガラだったので、お金もすぐに払えました。

後は、入院センターへ行って書類をもらうだけです…その前に病院内にあるローソンへ行き、発売されたばかりのゴディバコラボのチョコを家族分買ってから行きました。

入院センターもガラガラで、私が入った途端に何人か入ってこられましたけど、新しい受付用の機械に戸惑っていたみたいなので、説明してあげて整理券をゲット。お年寄りも多い大学病院はタッチパネルもお年寄りの方には難しそうです。

ガラガラだったのもあって、すぐに呼ばれ保険証や受診カードをコピーされて前回も入院してたので、説明もそこそこに書類だけもらってご帰宅です。

治療費と次回

この日の治療費は保険適用でも、いろんな検査があったので少しばかりお高く12,190円でした。今月は給料日までクレジットカードの支払いでカツカツだったので、頭抱えましたよ…でも結局クレジットカードで払ったんですけど。

さて、次回大学病院へ行く時にはもう入院の日となります。

楽しみと不安とが入り混じってうまく共同作業できるかなとかね、ご飯たべれるかなとか顔の腫れとかメンタル面とか前回のことがあるので心配なことがいっぱいありますけど、頑張ります!

1ヶ月切っているというのに準備が全くもってできていない私。今月は予定もなく連休が多いのに怠けています。まずおじさんに書類書いてもらうために送らなきゃいけないのに、封筒がないという大事件!それに三連休で郵便局やってないやんけー!!