Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症:術後1年まとめ

f:id:Itsmimi87:20180221235114j:plain

術後から1年。どんな経過があったのかまとめてみました。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

以前に、術後の細かくカテゴリを分けた2ヶ月分の経過報告と、それから約4ヶ月の経過報告を行なっていました。

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

www.stoptryingtobeperfect.com

そして、現在。術後から約1年が経過したので、1年の経過報告を行いたいと思います!

正直、この記事を書くのは1年を少し経った頃なので。少々うる覚えな部分がありますが、術後4ヶ月後のように、簡単にシェアして行きたいと思います!※顔面画像あり

開口具合

1年経つ頃には、リハビリを毎日ように頑張っていたので、だいぶ口が開くようになりました。

4ヶ月ごろは、お寿司を横にしながら食べていたようですが、1年も経つと縦のままでもお寿司を食べれるようになっています。ただ軍艦は横にしないと無理なものもあったりしますが、確実に4ヶ月よりも食べれる大きさが変わってます。

ブラケットが取れたのもあって、ハンバーガーとか食べれるくらい開きやすくなりました!

食事

術後4ヶ月の頃には、色んなものを食べれるようになり始めて、せんべいなんかも、顎のリハビリのために食べていたようですが、術後1年は術前のように何を食べても大丈夫なくらいになっています。

個人差があると思うんですけど、顎の筋力の問題で噛み切れないものとか、顎の開き具合などで、食べにくいものも確かにありますが、基本は特に制限なく食べれるようになりました。

ガムも噛みまくってるしね!

痺れや麻痺

術後4ヶ月の頃には、まだ痺れや麻痺があって口の中も鈍感な部分が残っていたようですが、術後1年後にはほぼほぼ痺れや麻痺はなくなっています。

強いて言うなら唇の端あたりや唇の下あたりが触ったり、リップを塗るときに違和感を感じる程度で、生活に支障があるものは一つもありません。

口の中の鈍感さも取れて、腫れもなくなって術前のように通常に戻っています。

顎の痛み

以前はパキパキ音が鳴ったり、激痛が走ったりしていたようですが、1年後にはだいぶそれもましになっています。でも、顎関節症になりつつあり、1年経つまでの間に顎が外れたような感覚に陥って、急な痛みに食べるのが困難になったり、あくびをする度に外れて位置が直るまで痛みを伴ったり。定着するまでに顎の痛みはずっとありました。

朝一とか口をずっと閉じていたとき(ゴムかけで閉じられていたとき)は、最初の開口には顎の痛みがありました。それに筋肉のマッサージをしなければ、最初から大きな口を開けることができなかったです。まさに足や腕の筋肉のリハビリと同じでした。

マッサージやストレッチで筋肉を動かすようにして、凝り固まったものを取れるように努力しました。私の手術は顎を出しているために、顎の筋肉への負担が普通の人より多いようで、適応するまでに時間がかかるようですね。

腫れ

            <術後4ヶ月⇔術後1年>

髪の毛を下ろしてる、アップにしているで腫れとか曲がり方がわからないかもですが…1年後には、腫れはほとんど治ってシュッとしました。

私の場合、腫れが引くまでに時間がかかってしまった方で、半年経ってもまだ腫れが残っていたのですが、1年まで来るとだいぶ落ち着いています。

でも、その代わり顔の歪みが気になるところ…左がシュッとして右がちょっと腫れているような。。どっちが正常なのかわかんないんですけどね()

後は、プレートが入っているので、左右の顎に段差があったり触ると痛みがあったり、若干腫れているように感じます。異物が入っているから、やっぱり体は拒否反応を起こしているようです。

4ヶ月後の経過報告記事では、肌荒れについてちょっと触れてるんですけど、1年の間に劇的にニキビ肌が治ったので、写真でもわかる通り綺麗になってます!

精神面

術後3ヶ月くらいまでは、うつ状態が続いて、何にもやる気がなく自分の顔の変化についていけませんでした。買い物をしたりブログを書いたりして、整理しながら自分の好きなことを続けていたら、徐々に元気になって、仕事復帰もできました。

それから約10ヶ月後の話になりますが、毎日特に問題もなく、仕事に行っては映画を見たりショッピングに行ったり、旅行に行ったりライブに行ったり。アクティブに活動してちょっとまで、体力ゼロで鬱だった私はどこへ?って感じで、無理矢理にも動くように楽しいことに身を投じることに努めたら、術前のように元気になっていました!

後遺症

腫れが引いたことで、鼻の曲がりも目立ちにくくなり、結局重度のアレルギー体質だったので、お薬を飲めば快適に過ごすことができるようになりました。

鼻風邪を引くとだいぶ辛いし、術前のように快適かといえば嘘ですが、生活する面では特に支障がありません。鼻血の件も皮膚を焼いてもらったので、それからは少しにじむときもありますが、大量に出ることなく、すぐ止まるので問題ありません。

でも、ピーピー空気を思い切り吸うとなるのは変わらないです。

まとめ

地獄のような2ヶ月を過ごし、徐々に元の生活に戻り始めた4ヶ月後、それから1年顔の腫れも元に戻り食べ物も元どおり。苦しかった半年からあっという間に、時間が流れました。今となっては、秒で過ぎたように感じるけど、戻りたくはないですね(笑)

プレート除去でまた顔が腫れるので、元にすぐ戻るかも心配だし何より鼻への影響が心配だったりしますが、次の手術は1回目より超楽って聞いてるんで、ある程度覚悟しつつ頑張りたいと思います!