Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症:術後4ヶ月まとめ

f:id:Itsmimi87:20170201232853j:plain

術後から4ヶ月。経過をシェアしたいと思います。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

2ヶ月までは色々と詳しくカテゴリ分けして記事にしていましたが、今回はあれから2ヶ月なので、まとめてお伝えします。 ※下に顔の画像があります。注意ください。

開口具合

顎変形症の手術を受けた人で4ヶ月経過した頃には、術前のような開口サイズまで口が開くようになっているようですが、私はまだまだそこまで開かず正直ちょっと焦っています。このまま筋肉が固まってしまったら、どうしよう。

3ヶ月経過する頃まで、ご飯を食べる時もゴムかけをして、極力顎に負担をかけないように、動かさないように生活していたのが、今の開口レベルにしてしまった原因じゃないかなと思っています。過保護にしすぎると良くないですね…。

3,5cmくらいまで口が開けられようになれば、お寿司もパクッと食べられて、他のものも食べやすくなるんでしょうけど、私にはまだまだ遠い話です。

食事

4ヶ月頃には何を食べてもいいとお達しを受けるので、自分の食べれるレベルで好きなものを食べることができるようになります。お達しが来る前に、結構いろんなものに挑戦して、食べてましたけどね!

最近は、顎を鍛えるのにせんべいよく食べてます。前歯で食べ物を噛み切ると、綺麗にカーブに切れているので、毎回見ては嬉しくなります。当たり前のことかもしれないけど、私たち歯並びが悪い組は、この行為ができるだけでかなり幸せです!

今までの食べれなかったことからの反動で、色んなものを食べるもんだから、逆に流動食生活で痩せてしまった割に、元に戻るを通り越して太りました。

痺れや麻痺

痺れは、左の下唇から顎にかけて痺れが若干まだあります。

触ると違和感があるくらいのレベルまで落ち着いてますが、唇はつまんだりするとピリッと痛みが走ります。気が付いた時には触ったりしてほぐしています。

麻痺は、顔は無くなったものの口の中は、まだ鈍感な部分があります。下顎はほぼほぼ前の通りに感じるけど、上顎は歯茎の腫れも伴って鈍感です。前歯はかなり鈍感。

痛みがないわけじゃないんで、支障はないけど治るんですかね?気にするほどでもないんで、正直このままでもいいですけど。

顔面はまだ強張っているところは至る所にあるけど、生活している時には何かを感じるわけではありません。引っ張ったり、ほっぺを膨らませたりするとまだ痛い。

鼻の下も毎日伸ばして筋肉の運動をしていたので、今ではやっと唇をリップを塗った後にやる「まっ」っていう状態にできるようになりました!

顎の痛み

開口練習のしすぎなのか、最近は右の顎が少し痛みます。関節があくびをしたりと、大きく開ける時にはパキパキ言います。最初は、動きが悪くて痛い時もあるし、パキパキ音は最初だけで、あとは鳴らないです。前みたいに激痛が走ることはなくなりました。

左斜め上顎に舌を持っていくと特に問題はないものの、右斜め上顎に舌を持っていくと、顎の関節がバキッと言って、かなり筋肉が引っ張られているのを感じます。

左右によって筋肉の柔軟性が違うみたいです。なので、できるだけ引っ張られる感じを感じる方はストレッチするようにしています。

腫れ

        <術後2ヶ月↔️術後4ヶ月>

ちょっとフラッシュが焚かれてしまって、いい感じに撮れなかったんですけど、2ヶ月後からまた2ヶ月経った顔です。

違いわかりますかね?まだ腫れてるんですよ、実は。顔の中心は、半年ぐらいかかると言われてるだけあって、まだまだ鼻周りは腫れています。

早く落ち着いて欲しいです。それに鼻がやっぱり曲がっている…お気に入りだった鼻を返せー!!(泣)

今のところメイクする時には、どうにかカバーできてます。むしろ肌荒れがひどいです。

精神面

2ヶ月前は、心が沈んでいたところから少し立ち直ったくらいの時でした。それから2ヶ月。

お仕事復帰して2ヶ月が経ちます。仕事から帰ってきて寝て、お仕事に行く。休みの時には色々とやることをこなしたり、映画を見たいり遊びに行ったりと、手術前の生活に戻り始めたら、心も元に戻りました。

私が精神的に参ってしまったのは、自分の顔のギャップについていけなかったのが、かなり大きいです。こんなはずじゃなかったって受け止められなくて、しかも鼻曲がってるし。

でも腫れが引いてきて、だいぶ自分の顔にも見慣れて、それから元気になれたような。

なんか、あとはそんなことで悩んでもいられなくなったっていうのもありますね。他の悩みができて、今まで悩んでいたことで病んでいたけど、後回しにされて行くうちに忘れたって感じです。心の健康には、何かに取り組むのはいいことみたいです。 

後遺症

絶賛、鼻曲がり中です。結局プレート除去の際に治す方向で動いているため、2ヶ月に1回耳鼻科に通院しています。

最初の頃は薬や点鼻薬が効いていたものの、最近では点鼻薬があまり効いていないようで。それに毎日鼻血。垂れるほどではないのものの、鼻血が固まることによって、曲がったことで小さくなった鼻腔が、もっと小さくなって呼吸しづらい状態に。

それを剥がすとまた鼻血っと悪循環です。

右はよく鼻水をすするとピーって笛みたいな音が出てしまうので、人前で鼻をすすった時に音がなると恥ずかしいです。まぁ結論からして面倒な後遺症に見舞われています。

今までこんなことはなかったみたいですけど、きっと手術中に起きたことじゃなくてICUにいた時に、穴という穴に管を入れていました。それぞれの鼻の穴にも管が入っていたわけで、ここで寝返りをうたされたりした時に、変に無理な力が加わって、曲がったんじゃないかなって思いました。

外的損傷ですもん、私の曲がった鼻の理由。もしくは、あれか、寝てる間に殴られたか?(笑)

まとめ

4〜5ヶ月経った今はこんな感じです!

順調に元の生活に戻りつつありますし、もっと戻れるようにまだリハビリなんかも頑張っています。

今の願いは後遺症が早く良くなることです。