Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

顎変形症(入院):術後1日目〜2日目

f:id:Itsmimi87:20170627230408j:plain

術後、翌日と2日目です。具合が悪すぎた事しか記憶にありません。


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

前回までは…

www.stoptryingtobeperfect.com

術後1日目(入院4日目)

覚醒

ICUで一晩過ごし、ゆっくりとお昼過ぎくらいから覚醒しはじめて、右の鼻の穴に入れられてる、肺へ挿管された管を抜く作業を行いました。

これは、手術する前に2回も説明された、肺の管を取るときが一番の山場だと言われてました。

すごく苦しいらしく、まれにパニックを起こして、気管切開をしなくては行けない事があるらしです。そうならないように、口が閉じられてるけど舌で唾液を押して、痰で呼吸困難にならないようにします。

朦朧としている中どうにか出来ていたようで、気管切開をしないで済みました。

そこから状態を起こされて、ICUから個室へ移動の時間が来たけど、状態を起こされた途端に胃につながれてる管が気持ち悪すぎて、看護師さんを呼んで(実際は目で訴えたのとジェスチャー)吸引してもらいました。

この胃につながれてるのは、そういう役目なんだけど、もう気持ち悪さが止まらない。

そこからベッドで個室に移動して、そこでも気持ち悪さは止まりませんでした。

レントゲン撮影

気持ち悪いまま個室へ移動して、ゆっくりしたいのに「レントゲンを撮る」なんて言われて…疲れてるし気分悪いのに、動けって1日も横になってたしさ。

鬼畜なこと言われて殺されるのかと思いました。

とりあえず、車椅子に乗せられて(乗るのも大変っていうか立つのも大変)もう、動くものに乗ってる時点で気持ち悪い。吐きそうになるわけですよ。

上向いてないと吐きそうだったから、お母さんに頭を支えてもらいながら、気がつけば苦しすぎて大泣き。気がつけばボロボロ涙が溢れてました。

看護師さんがすぐに担当医を連れてきてくれて、管を抜いてくれました。これのおかげでかなり楽になって、やっと生きた心地。

看護師さんも謝り続けてくれて。そのままレントゲン室へ。

10階から1階へエレベーターで行きました。もうエレベーターが気持ち悪すぎて。

元気なときでも、あんまり好きじゃないのにさ。具合悪いともっと辛いよね…三半規管弱い人はわかるでしょ、この気持ち感じ。

到着後、朦朧としながら椅子から椅子に移動したりして、3つのレントゲンの内2つレントゲンを撮りました。胸のレントゲンは立って撮影で、この状態では立てないと判断して、次の日にしました。

あとから聞いた話、移動レントゲンがあるらしくて、この頑張りって何だったんだって思いました

1日寝たきりなだけで体力がガタ落ち

個室へ戻ってきて、すぐベッドに横になっていたら、執刀医の先生が来て成功した話をしてくれました。

担当さんが、さっき撮ったレントゲンを見せてくれながら、詳しく説明してくれたんだけど、正直、疲労困憊の私的には「どうでもいいから寝かせて」状態でした。

夕食が出たんだけど、もう食べれるほど元気でもなくて、水をシリンダーで少し頂いて、もう何をするにも、ちょっとの動きで疲れる疲れる。

食事カードをみて、驚いたのは知らぬ間に「キウイアレルギー」になってたと言うこと。

両親も笑ってたからね。でも自分は検査とかしたこと無いから、まぁそういうことでいいやって落ちつてました。桃とかメロンとか食べると、喉痒くなるとは言ってたし、採血の検査で何かわかったのか、何なのかわかんないけど、とりあえずそのままで2週間入院しました。

長いこと付き合うことになるとは思ってもみなかった

その夜に気がついたは、鼻づまりで呼吸が苦しいという事実。

飲み物を飲むにも、口が使えないと言うかマウスピースもしてて、圧迫されてるから、鼻呼吸がかなり重要なのに出来ないと。飲めないわけですね。

それに色々と痛いし、出来たら傷口とか顔とか、あんまり触りたくなかったし。

左も右も管が入っていたから、粘膜が腫れまくってて、元から鼻腔が狭い方で、上顎を手術すると、腫れが鼻にも影響して、軟組織も腫れてしまうんだって。手術して粘液が溜まってるのもあるしね。

鼻づまりに悩まされるとは聞いてたけど、私の場合はかなり重症な方だと思います。

夜も眠れないので、管で吸ってもらって、通るようにしてもらいました。これも実際2、3時間くらいしか持たないんだけどね。

最終的には、1年後のプレート除去手術のときに、鼻を治す的な話に今はなってます。(長くないか)

術後2日目(入院5日目)

口の中の管も除去

朝方にカテーテルを取ってもらって、かなり行動ができるようになりました。結構、邪魔だからね。痛みは無くて違和感だけ。

1度うまくカテーテルの管が、ちゃんとなってなかったのか、尿意に襲われて辛かったときはありましたが、それくらいです。1日目だけ少し血混じりの尿が、出るくらいでしたし。

個室にはその中にトイレもあるので、最小限の徒歩でトイレに行って用をたして、洗面所の前なんで鏡があるじゃないですか。そこで自分の顔見て、かなりのパンパン具合に、ちょっとだけびっくりしました。

でも、それ以上の感情は無くて、体力が無さ過ぎて、感情までエネルギーが回らないのか「どうでもいい」っていう。

ご飯が来ても、鼻づまりがひどいから、ご飯を食べる気にもならないし、何より疲れるし。

右の唇は裂けてて、痛くて痛くてヴァセリンも塗りまくってました。そしたら、担当医さんが軟膏を出すって言ってくれました。その後、診察へ行きました。

もう血液も出ていないということだったので、口内につながれていた血液の管も、取り除かれました。内出血しちゃうからね、この管はそれを吸い取ってくれるものです。

何よりも診察は行くのも辛いから、車椅子で行ったんだけど、口の中を見るときの道具が痛くて痛くて。右唇は閉じないし鼻の感覚もないし、上唇の上の部分(鼻の下らへん)がめくられる動作がかなり激痛で。

先生曰く、結び目がたくさんあるからだって言ってましたけどね。優しくしてって感じでした。

歯磨きはウォーターピックとうがいのみ

流動食なので基本、細かいカスだけなので、ウォーターピックでも十分です。

でも、傷口にあったりしないか心配だし、右は裂けてるからノズルを入れるのも痛いって言う。それに振動が、強張ったほっぺたにかなり響いて痛かったです。

クチュクチュ出来ないけど、口に入れた水をコップに戻すって言うような動作が、かなり汚れを落としてくれるので、クチュクチュ出来ない間は、これで対応してました。

両腕には沢山の針の跡があって、採血のあとも全てが青くなって、アザみたいになってました。カサブタだらけ。

個室に来たときの1日目には、先生が一番痛い管を抜いてくれたけど、正直感じなかった。

気持ちってすごいね、どうでもいいっていう気持ちだと、痛みも感じにくい。

この日からは、点滴1本がつながれてる状態です。

担当医は何かと厳しい

この日の夜の診察は、結構ダウンしているのに、どうのこうのと厳しい言葉を言われまして、ムカつくと言うか、イラッというか、そういう気持ちにもならないほど、ダウンしてました。

痺れと顔面麻痺気味の右は、唇が閉じないので水をふくめないし、何よりほっぺを柔軟に動かすことも出来ないのに、松岡修造並の熱さで、うがいの練習をするように言われました。

夜中はなんとも言えない苦しさに襲われる

鼻づまりが辛くて、夜は看護師さんに鼻を吸ってもらいました。

それでも少しだけマシっていうだけで、苦しいのは変わらず。

左は完璧に塞がってしまっていて、右だけが命の綱なんだけど、右がよく詰まるわけです。口で呼吸することも出来ないから、苦しくて何度も起きてしまう。

それから、熱もあるから暑いし、苦しいし気持ち悪いし叫べないしで、色んなストレスからもう発狂しそうになって暴れました。

下着になって、体温を下げる努力をしました。結果、少しマシになって眠れました。