Stop trying to be "PERFECT"

- love myself, love yourself -

冬の乾燥に負けない!面倒くさがりにもオススメのボディクリーム

f:id:Itsmimi87:20171109205515j:plain

 冬に割れやすい踵。割れる前に、簡単にお風呂場で防げるボディクリームを紹介!


こんにちは!Mina@___whoisshe)です!

この前立冬を迎えて、暦的にはもう冬になりました。早いですね、あと残す所2ヶ月ですよ。

今年中にやっておきたいことがいっぱいありすぎて、むしろやる気がでない。

f:id:Itsmimi87:20171109210310g:plain

さて、冬になったということはですよ、天敵のあいつがやって来ます!それは…乾燥

男性ももちろん、特に女性は乾燥に弱いですよね〜痒くて眠れなくなる人だっているんですもんね。

乾燥からくる症状は、足のカサカサで粉を吹いたり、カカトが割れてしまったり、肘のカサカサに手先のササクレやパックリ割れ。。顔だってカサカサして、ファンデーションを塗ると浮いてしまったり、痒くなるし吹き出物も出やすくなってしまいます。

実は私は恥ずかしながら2年連続、カカトが割れてます。

まだ20代なのに、カカトがガザガザで冬になると割れて、歩くのが大変なことが多いです。

乾燥してるんだからクリーム塗れよ!って話なんですけどね、お風呂から上がった後に、クリーム塗るの超絶寒いわけです。。それに結構めんどくさがり女子で、気がついたらとか気が向いたら塗るわけです。

でも大半割れてから、ヴァセリンとか塗るっていう痛い目みないとやらないわけです。

そんな私が、今年初めて購入して使ってみたら予想以上に良かった、めんどくさがりでも寒い冬でも、毎日忘れずに塗る事ができる商品と出会ったのでご紹介します!!

ビオレu お風呂で使ううるおいミルク 無香料

ビオレu お風呂で使ううるおいミルク 無香料

  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
ビオレu お風呂で使ううるおいミルク フローラル

ビオレu お風呂で使ううるおいミルク フローラル

  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

それは、こちらのビオレu お風呂で使ううるおいミルクです!

これ、たまたまテレビを見ている時に、CMで見てお手頃さに惹かれて買って見ました。そして2週間以上使って見ての感想は最高!!

f:id:Itsmimi87:20171109212404g:plain

商品名にもある通り、お風呂で使うボディクリームです!

まずこの時点、冬の寒さから若干免れるわけですね。お風呂場でやれるので、楽ちん。

使用方法は、お風呂から出る前にボディクリームを濡れたままの体に、満遍なく広げていきます。そしたらいつも通りタオルで拭くだけ!ね?めっちゃ簡単でしょ??

使ってみての感想としては、濡れた体に塗るのでクリーム独特のベタベタ感もないし、いい感じに広がっていく。テクスチャーが硬い方でもないですし、ニベアソフトに近いような、こっちの方がもう少しゆるいと思います。

塗り広げた後にタオルで拭くんですけど、タオルへの影響もなくタオルがベタベタになることもない。実際ベビーオイルなども濡れた肌に塗ってから、使うのがいいらしいんですけどね、なんかタオルとかべたつきそうじゃないですか?その点も問題なくクリアです!

拭いた後は、しっとりしていてそれは翌日にも持続しています。

このボディクリームには、シアバターとワセリンが配合されているので、本当にしっとりしますよ。私はフローラルの方を使っているのですが、匂いはベビーパウダーのような優しい香りですが、塗っている時だけで、すぐに消えるので匂いに敏感な人も使っていただけるかと。

ちなみにビオレなので、素肌と同じ弱酸性で顔にも使えます。アルコールフリーで、アレルギーテスト済みとなっているので、敏感肌の人にも、赤ちゃんや子供さんにも使っていただけそうです!

私は毎年この時期になると、カカトがカサカサで、死へのカウントダウンが静かに始まっているんですけど、このボディクリームを使ってからというものの、11月だっていうのに割れる気配もなく、ましてやしっとりスルスル指滑らかにカカトが若いです!

敏感肌だったり、めんどくさがりなのに乾燥肌な人。毎年カカトが割れたり、粉を吹いたりしてしまっている人。忙しいママやパパで時短したい人。とにかく手軽に保湿できちゃうので、オススメです!

試すにも、700円(Amazonだと500円)くらいなので、百聞は一見に如かずってことでぜひ!

※足の裏全体にくれぐれも塗らないように。滑りやすくなります。裏はカカトのみや指先など気になるところをピンポイントで塗ることをお勧めします。全体になる場合には転ばないよう注意してください。